カテゴリ:☆「2007秋/松本・安曇野」( 19 )

2007年 12月 28日
「松本・安曇野アート散歩」(最終回/全19話)
この旅の最後に訪れたのは、「nagi」さんで
教えていただいた「BANANA MOON」さん。

d0041671_14323122.jpg


こちらの小さなミュージアムは、おなじみ「週間新潮」の
表紙絵を描かれている成瀬政博さんが開設したもの。

その絵はもちろんのこと、吹き抜けが素敵な
モダンな建物がたいへんすばらしく、
すっかり気に入ってしまった。

(今度は、ここ目当てに安曇野を訪れてしまいそう・・・)

d0041671_14325061.jpg


また、入館料500円には館内でいただける
ドリンクがついており、

じっくり作品を見せていただいたあとは
大きな窓から、深まりゆく秋の景色を

眺めながらの「coffee time」。
(「う〜っ!これぞ、至福の時!!」)

※上にリンクをはっておりますので、
 じっくりと、ご覧下さいっ!

d0041671_1433813.jpg


今回お伝えしたこの旅は、10月後半の
週末に訪れたものですが、

ここ安曇野では、すっかり冬支度が
始まっているようでした・・・


長い間、おつき合い下さいまして
本当にありがとうございました。

次回の紀行文は、1月中旬以降を予定しておりますので、
よろしければ、またいっしょに旅してください。

それでは・・・

<o・wa・ri>

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-28 14:33 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(4)
2007年 12月 25日
「松本・安曇野アート散歩」(18)
今回の旅、最大に目的であった「nagi」さんを出ると、
どうやら、お腹も減ってきたようなので・・・

「よしっ!ここは安曇野のお洒落なレストランで!」
といきたいところですが・・・

何やら「興味深い情報」を得たので、
そこに向かってみることに・・・


そして、「nagi」さんから車で走ること数分。
腹ぺこでたどり着いたそこは、「あずみの餃子店」

d0041671_2227969.jpg


写真上は「焼き餃子2人前」。

これを、「太白ごま油」で作られた「ラー油」を
つけていただくのが、このお店の食べ方らしい。

d0041671_22274091.jpg


餃子はもちろんのこと、お米がとてもおいしく、
なぜか安曇野で餃子を食べ、お腹いっぱいになっている

旅人ふたりでございました・・・

p.s.このところ、めっきり旅の回数が減ってしまい、
ネタ不足もあって10月の旅をここまで引きずらせていただきましたが、
いよいよ、次回でこの紀行文も最終回を予定しております。

最後は、「nagi」さんで教えていただいた
何とも、居心地がいい(「夢空間?!」)小さな美術館を
お伝えさせていただく予定ですので、

どうぞ、よろしくお願いいたします。
(そのあと、どうする・・・???)

「旅人主義」。
「ネタ切れ」のため、いよいよ「閉鎖」かっ?!(汗)

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-25 22:28 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(6)
2007年 12月 21日
「松本・安曇野アート散歩」(17)
「道の駅ほりがねの里」で新鮮(「しかも安いっ!」)な
野菜やきのこ類をたらふく買い込み、

その興奮さめやらぬ中、数分でめざす「nagi」さんの
近くまでたどり着いたものの・・・

そこへの曲がり角が・・・???

(※「旅人」こと私と、旅の同行者「sora」殿は、
  「道の駅」や「物産センター」に目がないっ!)


何度も、行ったりきたりを繰り返し、
ようやく森の中へと続く道の入口に
小さな看板を発見!(「ホッ!」)

そして、周囲を高い木々に囲まれた砂利道を
借りた車を傷つけぬよう

ゆっくりと奥深くへと進んでいくと・・・

d0041671_13265137.jpg


ゆっくり時間をかけて店内を見せていただき、
いつまでたっても同行者「sora」殿は、

あれもこれも・・・と物色中のため、

私はお店の方にこのあたりの
おすすめの場所を教えていただいたりと・・・

d0041671_13271079.jpg


店内をお伝えできないのが、何とも残念でなりませんが、
期待を裏切らない本当に「素敵!」なお店でした!

上にお店のHPとリンクをはってありますので、
心ゆくまで、ご覧になって下さいませっ!

写真下は、旅の同行者「sora」殿が
今回購入したマグカップ。

毎朝、このカップでコーヒーを飲むと
「nagi」さんのことが・・・???

d0041671_13273658.jpg


p.s.次回は、安曇野で見つけた「名物?!」を
お伝えさせていただく予定です・・・

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-21 13:31 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(8)
2007年 12月 19日
「松本・安曇野アート散歩」(16)
この旅2日目の翌朝は、
いよいよ安曇野へ向けて出発っ!

d0041671_14554398.jpg

(写真は、途中立ち寄った「道の駅」からのものです。)

予定では、穂高まで電車で行き、
そこから「nagi」さんまでのことは

以前、お世話になったことがある
駅前の観光案内所で相談してみようと
考えていたのですが・・・

「急遽、予定変更!」

松本駅前でレンタカーを借り
車でnagiさんをめざすことに・・・

d0041671_1456566.jpg


途中で立ち寄った「道の駅ほりがねの里」は
地元でとれた新鮮な野菜などがいっぱいで、

地元の人をはじめ、たいへんな賑わい!
「やっぱり、車を借りてよかった!!」

p.s.旅に出ると道の駅などで
花を持ちきれないぐらい買いすぎ、
いつも、同行者に迷惑をかけている・・・

「今回は・・・?」

「残念ながら、今回は野菜で我慢!」(涙)

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-19 15:02 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(4)
2007年 12月 16日
「松本・安曇野アート散歩」(15)
本日1枚目のこの器は、
以前、「ギャルリ灰月(かいげつ)」さんで買ったもの。

その形は、ふつうの湯呑みか
フリーカップのようですが、

実は、素材が「紙」!

当然の事ながら、
この器でお茶を飲むことは・・・

d0041671_19301033.jpg


さてさて、次回からはこの旅2日目。
いよいよ、安曇野の「nagi」さんに向かいます。

d0041671_19302957.jpg


※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-16 19:30 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(6)
2007年 12月 13日
「松本・安曇野アート散歩」(14)
「中町通り」を楽しんだあとは、
女鳥羽川沿いを散歩しながら「柏善 上原善平商店」に向かった。

前回うかがった際には、「最近は熊が出て、
なかなか竹がとれない」とおっしゃっていたが、

このところは、どうなのだろう・・・?

d0041671_18485717.jpg


この地で10年以上続くこちらのお店。
観光ルートから少しだけはずれたところにあるのですが、

長野県内の竹を使った品々はどれも逸品!
ぜひ、訪ねてみてください。

◎「柏善 上原善平商店」0263-32-0144 松本市大手4-5-5

d0041671_18491587.jpg


そして、松本での最後のお楽しみは
「ギャルリ灰月(かいげつ)」さん。

入口のちょっとした飾りもセンスがいい・・・

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-13 18:49 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(0)
2007年 12月 10日
「松本・安曇野アート散歩」(13)
さてさて・・・

本日は、もう少しだけ「中町通り」の
話題をお伝えさせていただきます。

d0041671_19211961.jpg


写真上は、以前にもお伝えしたことがある
明治40年創業の「伊原漆器専門店」さん。

黒壁土蔵の店内には、数百円のリーズナブルなものから
たいへん高価なものまで、さまざまな品物が揃う。

d0041671_19203286.jpg


そして、こちらの酒屋さん。
古い店内の中をのぞくと・・・

きっと、昔は立ち飲みをやっていたのだろう。
その当時のカウンターが残っている。

(「違ったら、ごめんなさいっ!」)

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-10 19:22 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(8)
2007年 12月 06日
「松本・安曇野アート散歩」(12)
さてさて、本日の1枚目は・・・

「10話」でお伝えした「陶片木」さんで、
以前買ったもの・・・

d0041671_1523219.jpg


表面に微妙なデコボコがあるこのガラスの器は、
形は四角くても、何だかあたたかい・・・

d0041671_15234246.jpg


そして、かつて酒造業や呉服問屋で栄えたここ中町通り。は、
今でも、蔵造りの美しい町並みが残っている・・・

(よろしければ、「なまこ壁の町並み」が
たくさん登場する「伊豆半島の旅」もご覧下さい。)


※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-06 15:24 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(4)
2007年 12月 03日
「松本・安曇野アート散歩」(11)
「陶片木(とうへんぼく)」さんをあとに、
さまざまな民芸品を扱う 「ちきりや工芸店」

そして、写真下の 「GRAIN NOTE(グレインノート)」さんも
はずせない1件。

d0041671_11512397.jpg



<号外>

きのう12月最初の日曜日は、ひとりカメラ片手に自転車に乗り、
世田谷美術館駒沢分館で開催されている

「向井潤吉 日本風景紀行」。を
見に行ってきました。

作品展は、「旅人」こと私の大好きな
日本の古い民家や町並みを描いたものが多数展示されており、

何だか、ほっこりとした
田舎独特のにおいがしてくるようでした。

(2008年3月30日まで開催中!)

d0041671_11514560.jpg


閑静な住宅街にある向井潤吉アトリエ館は
ただ、そこにいるだけでも気持ちが休まる
そんな場所でした。

写真下は、途中見つけた「えっ!手作りの?」と
疑いたくなるようなかわった建物。

d0041671_1152533.jpg


d0041671_11521754.jpg


(何だか、ここだけ日本ではないよう・・・)

※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-12-03 11:59 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(8)
2007年 11月 29日
「松本・安曇野アート散歩」(10)
これまで歩いたことがなかった
路地裏の散歩を楽しみながら「中町通り」に到着。

まずは「陶片木(とうへんぼく)」さんから・・・

こちらのお店は、陶器をはじめ
さまざまな生活雑貨や民芸品など・・・

松本に来ると、必ず立ち寄る1件。

d0041671_1137132.jpg


入口の足下には・・・
これは、「番地」かなぁ?

d0041671_11371986.jpg


※ただ今連載中の、この紀行文を最初からご覧になりたい方は、
 こちらをクリックしてください。
 この紀行文のみ最初からご覧いただくことができます。


※他にも各地を旅した紀行文がございますので、
 よろしければ、ご覧になって下さいねっ!
 
(画面右側にございます「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2007-11-29 11:42 | ☆「2007秋/松本・安曇野」 | Comments(8)