カテゴリ:☆「世界遺産 五箇山」( 26 )

2006年 06月 27日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(最終回/全26話)
<「高岡」編(4)>

「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたび、お送りする予定です。



木舟町界隈で、土蔵造りの家並みを
たっぷりと堪能したあとに訪れたのは、
鋳物発祥の町である「金屋町」。

駅からまっすぐにのびる大きな通りを左折すると、
石畳の道の両側には、千本格子がたいへん美しい家並みが・・・

(これには、少々ビックリ!)

d0041671_21264315.jpg


d0041671_21265561.jpg


通り沿いには、ギャラリーや銅器の販売店なども・・・

d0041671_21271863.jpg


これで、楽しかった3日間の予定も全て終了!

d0041671_2128734.jpg


想像以上に内容の濃いものとなった今回の「旅」を
振り返りながら、駅に向かって歩いていると、

ふたりの旅人の横を万葉線が「ガタゴト」と
音を立てながら走りすぎていった・・・

<おしまい>


最後までこの旅におつき合い下さった方々、
本当にありがとうございました。

3日間の旅とはいえ、はじめて訪れる「五箇山」や
「高岡」の町など、かなりの充実した旅となり、

いつものことですが・・・
紀行文も、ずいぶんと長くなってしまいました。

次回からは、ふたたび「木曽の紀行文」を
お送りする予定ですので、よろしければ、
そちらもご覧になって下さい。

それでは、今後とも「旅人主義」を
よろしくお願いいたします!!


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「高岡市観光協会」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-27 21:32 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 26日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(25)
<「高岡」編(3)>

「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたび、お送りする予定です。



本日は、木舟町界隈の土蔵造りのお宅を
一気にご紹介っ!!

d0041671_2234214.jpg


d0041671_2235486.jpg


d0041671_224640.jpg


d0041671_224179.jpg


こちらの赤煉瓦の立派な富山銀行は、
今でも現役!!

d0041671_2245396.jpg


◎この「世界遺産五箇山と北陸の町」は、いよいよ次回で最終回。
 どうか、最後までおつき合いください・・・


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「高岡市観光協会」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-26 22:06 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 25日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(24)
<「高岡」編(2)>

「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたび、お送りする予定です。



これまでは、金沢や福井へ向かう際に、
列車で通り過ぎるだけだったこの高岡の町。

まずは、ここ「土蔵造りまち資料館」から
町並み散歩をスタート!

d0041671_1828010.jpg


木舟町界隈には、今でもいくつかの土蔵造りの家が建ち並び、
何だか期待に胸が膨らむ・・・

(こんな、いい町があったとは・・・)

d0041671_1828359.jpg


すると、その通り沿いに古い商家を利用したカフェを発見!
さっそく、ここは一服といこう・・・

店内には、地元の方々の手作りの品や、
高岡銅器の工芸品なども置かれているよう・・・

d0041671_18291729.jpg


d0041671_1829650.jpg


◎この「世界遺産五箇山と北陸の町」は、
 あと2回ぐらいで最終回となりますので、
 どうか、最後までおつき合いください・・・


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら


お・ま・け -----------------------------------------------

誠にお恥ずかしいのですが・・・

ここ最近、写真だけでは飽きたらず、
何を思ったかうん十年ぶりに水彩絵の具を購入。

まだ、はじめたばかりなのですが、
今日は、先週訪れた「越後の茅葺き民家」を
書いてみました。

d0041671_18294113.jpg



--------------------------------------------------------

☆「高岡市観光協会」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-25 18:32 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 24日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(23)
<「高岡」編(1)>

「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたび、お送りする予定です。



漁港の町氷見から、ふたたび高岡へと戻ると、
今度は、はじめての「高岡の町並散歩」。

この町は、富山と同様に昔懐かしい
路面電車(万葉線)が走っているようなので、

これから向かう古い町並みのあたりまで
2駅と少々短いのだが、乗ってみることに・・・

d0041671_2310209.jpg


「出発進行〜っ!」

「ガ〜、ガタゴトガタゴト・・・」

d0041671_23104858.jpg


車内で目に付くものが、
何だか、全て懐かしく感じられる・・・

たしか、「旅人」こと私が、
まだ子供の頃は、路線バスのボタンも
こんなだったような・・・

d0041671_23112190.jpg


2つ目の「坂下町」で下車。
いよいよ、ここから「高岡の町並み散歩」がはじまります・・・

d0041671_23113511.jpg


d0041671_23114819.jpg


この「万葉線」には、ヨーロッパの路面電車を思わせる、
流線型のたいへん洗練されたフォルムをもつ車両が走っておりましたが、
私個人的には、この古い車両にいつまでも走り続けてほしい・・・


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「高岡市観光協会」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-24 23:12 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 23日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(22)
「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたびおおつたえいたします。



漁港をあとにし少し歩くと、
川の向こう岸に何やら古い建物が・・・

さっそく、その場所へと行ってみると、
何と、そこは古い「醤油屋」さん。

d0041671_22255295.jpg


d0041671_22254113.jpg


町の商店街は、
きちんと整備がされているものの、

中には、まだこんな古い佇まいも・・・

d0041671_22261039.jpg


d0041671_22262253.jpg


※次回は「高岡」の町をご案内いたします・・・

こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「氷見市観光協会」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-23 22:27 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 22日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(21)
<「氷見(ひみ)」編(3)>

「初夏の木曽路」は、この紀行文が終わり次第
ふたたびおおつたえいたします。



本日は、富山湾の海で働く男たちの姿をご紹介。

d0041671_22233485.jpg


「ずいぶんと、たくさんの岩ガキがとれましたね〜っ!」

d0041671_2224191.jpg


d0041671_22243166.jpg


皆さん、ほんと「男前」!!

d0041671_22244932.jpg


最後は、漁港に隣接する直売所
氷見フィッシャーマンズワーフ「海鮮館」。

中には、とれたての海の幸がたくさん!!
「う〜んっ、どれもおいしそう・・・」

d0041671_22251399.jpg


※次回は漁港をはなれ、少し町中をお散歩してみましょう・・・

こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「氷見市観光協会」のHPはこちら

☆氷見フィッシャーマンズワーフ「海鮮館」のHPはこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-22 22:25 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 21日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(20)
あれあれ・・・

『今日は、「木曽の紀行文」じゃ・・・???』
とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、

この旅を終えて、すでに約2ヶ月が経とうとしておりますので、
誠に勝手ながら、ここで一気にこの紀行文を進めてしまいたいと思います。


d0041671_199781.jpg


d0041671_198563.jpg


駅から、まず最初に向かったのは
富山県随一の水揚げを誇る「氷見漁港」。

この漁港がある富山湾は、どうやら「天然の生け簀」とまで
いわれているらしい・・・

「う〜んっ、腹が減ってきたっ!」

d0041671_1993223.jpg


その漁港内のせり市場2階にあるのが、
今回、朝食をいただきに訪れた
「氷見魚市場食堂 海寶(かいほう)」。

こちらは、10年ほど前にも訪れたことがあるのだが、
はたしてお味の方は・・・


さっそく店に入り「刺身定食」と「焼魚定食」
(各1,050円)を注文してみると、

お刺身や鰤の焼魚はもちろんのこと、
少し大きめのお椀に入れられた「魚のみそ汁」が、
これまた最高っ!!

「すいませ〜んっ!ご飯のお代わりいいですかぁ〜!!」

d0041671_1995650.jpg


「旅人」こと私と、旅の同行者「sora」が
おいしい朝食をいただいているすぐ下したでは、

海の男たちが、てきぱきと仕事をする姿が・・・


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「氷見市観光協会」のHPはこちら

☆今回、この度で使用した「お得なきっぷ」はこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-21 19:14 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 20日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(19)
<「氷見(ひみ)」編>

ただ今、「木曽の紀行文」と1日おきで、
こちらの「世界遺産五箇山と北陸の町」をお送りしております。



いよいよ、この旅も最終日の朝を迎えた。

そこで、朝食は北陸のおいしい海の幸をいただこうと、
一路、漁港の町「氷見(ひみ)」へと向かった・・・

(写真下は、高岡駅で出発時刻を待つ氷見線高岡行の列車。)

d0041671_2131876.jpg


その氷見線のホームはというと、
関東や関西方面からの特急列車が到着し、
たくさんの乗降客で賑わいを見せるホームとは違い、

駅に片隅にひっそりと・・・

d0041671_21312492.jpg


列車は終点氷見に近づくにつれて海岸線を走り、
車窓には「雨晴海岸」など富山湾が一望でき、

まさに絶景っ!!

d0041671_21324891.jpg


約30分間の「ローカル線の旅」も終わり、
「氷見」に到着。

次回からは、漁港の町「氷見」をお伝えいたします・・・

d0041671_2133104.jpg


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら


「旅人」のたわごと ---------------------------------------

毎日、梅雨の蒸し暑い日が続いておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか・・・?

さてさて、今日は待ちに待った(?)時刻表7月号が発売!
いよいよ、来月から始まる「青春18きっぷ」のシーズンを前に
これで、じっくりと計画を練ろうかと・・・

時間があれば、「旅人」こと私がご提案させていただく、
「モデルプラン」などもお伝えしていきたいと思っておりますので、
その際は、ぜひご覧になって下さいねっ!!

--------------------------------------------------------

☆今回、この度で使用した「お得なきっぷ」はこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-20 21:36 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 16日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(18)
<「城端の町(じょうはな)」編>

ただ今、「木曽の紀行文」と1日おきで、
こちらの「世界遺産五箇山と北陸の町」をお送りしております。



今回の旅のメインでもあった「五箇山の合掌集落」を
一通り見学をしたあと、

せっかくレンタカーを借りていることもあり、
そこから車で30分ほどのところにある
「城端(じょうはな)」の町へと向かってみることに・・・

d0041671_2241151.jpg


d0041671_22412777.jpg


写真上は、城端町史館「蔵回廊」。

d0041671_2241459.jpg


ここ城端の町は、この善徳寺の市場町として栄えたらしい・・・

この日は、たまたまお祭りがあったようで、
露天商なども出ており、町の人たちでにぎわいを見せていた。

d0041671_2242214.jpg


d0041671_22421295.jpg


その昔、五箇山と加賀を結ぶ五箇山街道の
旧本通り付近には、

まだ、古い町並みが・・・


こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

「旅人」のたわごと ---------------------------------------

さてさて・・・

来月7月は、いよいよ夏の「青春18きっぷ」の発売が開始。
ちょうどこの時期は、行楽シーズンということもあり、
高速バスも時間がよみづらくなってくるので、
久しぶりに、このきっぷを使って遠出を考えております。

「それで、どこへ行くんだっ!」って・・・?

それは、右の「この先の予定」を・・・

--------------------------------------------------------

☆今回、この度で使用した「お得なきっぷ」はこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-16 22:44 | ☆「世界遺産 五箇山」
2006年 06月 14日
「世界遺産五箇山と北陸の町」(17)
<「相倉集落(あいのくら)」編(3)>

ただ今、「木曽の紀行文」と1日おきで、
こちらの「世界遺産五箇山と北陸の町」をお送りしております。



長いことお送りしてまいりました
「世界遺産 五箇山」のもようも本日がラスト!

それでは・・・

d0041671_2311397.jpg


d0041671_2312566.jpg


d0041671_23122254.jpg


d0041671_23124049.jpg


こちらは、途中に立ち寄った「勇助」さん。

何と、こちらのご主人は写真家だそうで、
帰りには、「写真集 相倉の四季」を購入。

d0041671_2313646.jpg


「五箇山」最後のおまけ。

d0041671_23133415.jpg


p.s.次回は「城端の町」へと進んでまいります。

こちらをクリックしていただくと、
 この紀行文のみを最初からご覧いただくことができます。

※同じく「世界遺産」に登録されている合掌集落
「白川郷」の紀行文はこちら

--------------------------------------------------------

☆「五箇山観光協会」のHPはこちら

☆今回、この度で使用した「お得なきっぷ」はこちら

--------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-14 23:14 | ☆「世界遺産 五箇山」