カテゴリ:☆「新春の鎌倉」( 26 )

2006年 02月 11日
『新春 鎌倉めぐり旅』(最終回)
d0041671_2136155.jpg


年明けからお伝えしてまいりました
『新春 鎌倉めぐり旅』もいよいよ今晩が最終回。

やはり、今回も新年早々からだらだらと・・・
気がつくと、すでに2月になってしまいました。(笑)

それでは最後の記事を・・・

d0041671_21365587.jpg


今回のこの旅では、寒い冬にもかかわらず、
ここ鎌倉では、さまざまな「花」と出会うことができ、
ちょっぴり「春」を味わったような・・・

そんな、この旅で一番印象に残っている・・・、となると
やはり、「ロウ梅」の花だろう。

いい香りとともに、まるで本物の「蝋細工」のような
その花は、冬の日差しをいっぱいに浴び、
人々の目を楽しませていた。

d0041671_2137137.jpg


こちらは、今にもはち切れんばかりの「ロウ梅」のつぼみ。

d0041671_21373432.jpg


「長谷寺」をあとに、鎌倉駅へと戻ってみると、
あいかわらず、若宮大路周辺には初詣に
八幡宮を目指す人でにぎわっていた。

d0041671_21375215.jpg


そろそろ日も暮れてきたようだ。
今回のこの旅はこれぐらいにして家路へと・・・

なになに、三連休で明日も休み?!
帰りに、「反省会」といきますか・・・

<おしまい>


最後までおつき合い下さいました皆様、
本当にありがとうございました。

23日以降からは、いよいよ「沖縄」の紀行文が
スタートする予定ですので、

ぜひ、そちらもよろしくお願いいたします。

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)

※写真は、今年の1月8日撮ったものです。
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-11 21:41 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 02月 10日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十五話)
d0041671_22551667.jpg


d0041671_22554958.jpg


長谷寺の最後は「経蔵」の裏手にあるアジサイの散策路。
その季節になると、なんと24種類もの「アジサイ」が
咲くらしい・・・(そんなにあったんだっ!)

そして、見晴台からさらに上にあがったそこからは
逗子や葉山、三浦半島まで見渡すことができる。

d0041671_22571247.jpg


この赤い実を付けた木は、
以前、木曽でも見たような・・・

d0041671_22573690.jpg


竹林の向こうには「経蔵」が・・・

次回で、いよいよこの旅も最終回。
最後まで、よろしくお願いいたしま〜すっ!

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)

※写真は、今年の1月8日撮ったものです。
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-10 22:59 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 02月 08日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十四話)
d0041671_20245473.jpg


d0041671_20253190.jpg


見晴台近くの「経蔵」内の大きな「輪蔵」には、
一切経が納められているそうで、

この「輪蔵」を一回転させると
その一切経を全て読んだことと同じ功徳があるらしい・・・

これは、横着者の「旅人」こと私にはピタッリ!
「ゴロゴロ・・・」

d0041671_20255117.jpg


その「経蔵」の横には、
大きさは小さいものの清楚なお庭が・・・

d0041671_2026931.jpg


d0041671_20263796.jpg


そのお庭には、目の覚めるような真っ赤な実を付けた木や、
「トクサ」が・・・

次回は、また「旅のおみやげ」をお伝えする予定です。
それでは・・・

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)

※写真は、今年の1月8日撮ったものです。
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-08 20:28 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 02月 05日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十三話)
d0041671_19382319.jpg


d0041671_19385115.jpg


こちらは、ご存じ「椿」の花。
(↑と思い切り書きましたが、「お花」にお詳しい
brue-nileさまより、「山茶花(さざんか)」との
ご指摘がございました。申し訳ございません!
そして、brue-nileさまありがとうございます。)

さすがに、ここ「長谷寺」は境内が広いだけあって
花の種類もかなりの数があるようだ。

d0041671_19394797.jpg


d0041671_19391035.jpg


そして、ここ「長谷寺」で忘れてはならないのは、
見晴らしのよい高台に位置するこちらの境内からは、
湘南の海が一望できる。

ちなみに、この「長谷寺」の山号は「海光山(かいこうざん)」。
「海」が「光」輝く「山」と言う意味だろうか・・・?
(勝手な想像でございます!)

d0041671_19394797.jpg


d0041671_19392814.jpg


こちらは、「モクレン」だろうか・・・???
寒い冬にはふわふわの毛皮をまとい、
じっと、春を待っているよう・・・

p.s.次回は、久しぶりに「旅のおみやげ」コーナーを予定しております。

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)

※写真は、今年の1月8日撮ったものです。
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-05 19:42 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 02月 02日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十二話)
d0041671_21374131.jpg


久しぶりに2時間ほどじっくりと物事に集中し、
何だか心地がよい!

さてと、「写経」も無事終えたことだし、
ふたたび、「長谷寺」境内のお散歩といきますか・・・

その頃、旅の同行者「sora」はというと、
3種類の下絵の中から一番難しいものを選んでしまい、
まだ、写経会場の中・・・

d0041671_2138183.jpg


こちらの境内でも「水仙」の花が美しい・・・

d0041671_21402564.jpg


d0041671_21383893.jpg


こちらは、「キミノセンリョウ」かなぁ?
(shibataさま、ありがとうございます!)

d0041671_21402564.jpg


d0041671_2139041.jpg


そして、こちらはご存じ赤い実の「千両」。

※あすは、「大内宿」のちょっとかわった「おそば」を
 ご紹介の予定です。

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)

※写真は、1月8日に撮影したものです。
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-02 21:41 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 02月 01日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十一話)
d0041671_2051433.jpg


いよいよ、「長谷寺(はせでら)」に到着し、
この旅の目的のひとつでもある「写仏」に挑戦。

もちろん、何もない真っ白な半紙に書いていくのではなく、
裏に薄く下絵が印刷されているようなのだが、

はたして、うまく書けるのか・・・?

d0041671_20522791.jpg


まずは、「写経会場」の前にある「つくばい」で手を清め、
いよいよ会場内に・・・

d0041671_20525184.jpg


今回、「旅人」こと私が選んだのは「観世音菩薩」。
どうやら3種類あるうちの、これが一番初心者向けのように見えた。



約2時間ぐらいかかっただろうか・・・?

ようやく仕上がった作品(?)はこちらっ!
(和紙にはってみました。)

d0041671_20533313.jpg


d0041671_2152533.jpg

(拡大したものです。)

どうですっ?!はじめてにしては、
なかなかうまく書けたでしょ?!

本来は、書き終えたものを寺に納めてくるようなのだが、
どうしても持ち帰りたく・・・
(粗末に扱ってないからいいですよねっ?!)

今後も、やみつきになりそう・・・

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-02-01 20:55 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 01月 31日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第二十話)
d0041671_22164027.jpg


d0041671_22171488.jpg


ある時期、観光地などの土産屋さんに
まったく、興味がなくなったときがあったが、

最近は、またお土産屋さんを物色するのが
とても楽しく感じられる。

d0041671_22182697.jpg


d0041671_22174521.jpg


こちらのお店は「鎌倉彫」のお店(?)らしいのだが、
きのう、お伝えした「対僊閣(たいせんかく)」同様
たいへん風格がある。

d0041671_22182697.jpg


d0041671_2218592.jpg


これは「ゆず」?

※いよいよ次回は、「写仏」のもようをお伝えする予定です。

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-01-31 22:20 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 01月 30日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第十九話)
d0041671_212848.jpg


d0041671_21283410.jpg


「長谷寺(はせでら)」に向かう途中の参道には、
その佇まいから、何とも歴史を感じさせる旅館
「対僊閣(たいせんかく)」が・・・

d0041671_21292331.jpg


その造りは、素人の私が見ても
何だかとても特長があるような・・・
(寺が多い町だけに、何だか「お寺」の建築のよう・・・)

d0041671_21305184.jpg


う〜んっ、なかを拝見したい・・・
(残念ながら公開はしてないようです。)

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-01-30 21:32 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 01月 28日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第十八話)
d0041671_5355718.jpg


d0041671_5362390.jpg


翌日は、「江ノ電」にガタゴトと揺られ、
「写仏」に挑戦(?)する「長谷寺」へと向かった。

d0041671_5365843.jpg

(※写真は「七里ヶ浜」あたりを走行中に撮ったもの!)

しかし、この「江ノ電」。
最近は、めっきりと古い電車がなくなってしまい、
少々、寂しいような・・・

最新のものは、設備や乗り心地などはよいのだろうが、
やはり、私は古い電車の方が・・・

※本日は、これから急遽「冬の会津」を訪れますので、
 きょうの更新は短めで・・・

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-01-28 05:38 | ☆「新春の鎌倉」
2006年 01月 27日
『新春 鎌倉めぐり旅』(第十七話)
d0041671_21373112.jpg


予定していた散歩コースを全て周り終え、
そろそろ日暮れ時。

そこで、10月にはじめて訪れ、たいへん気に入ってしまった
「居酒屋 長兵衛」に向かってみることにした・・・

d0041671_213884.jpg


こちらは「小町通り」の雑踏から少し離れた路地にあり、
この鎌倉の地では昭和20年代に創業という長い歴史をもつ
小料理屋風のこぢんまりしたお店。
(「旅人」こと私はこういうお店が大好き!)

今回も、期待を胸にお店のドアを開けると・・・、
まだ、5時をまわったばかりだというのにすでに満席!
(「ガッカリ!」)

d0041671_21391346.jpg

(※写真は10月に撮ったもので、お店の前には「ムラサキシキブ」だろうか?
小さな紫色の実がとてもきれいだった。)

これは仕方がないと気分をあらため、
そこから歩いてすぐの所にある
「酒菜 企久太(きくた)」へと向かってみた。

こちらは、今回がはじめてのお店なのだが、
メニューを見ると、同じ神奈川県は茅ヶ崎の地酒をはじめ、
全国各地のさまざまなものが20種類ぐらいはあるだろうか・・・

「これは困った!このあと『長兵衛』に行けるか・・・?」

そして、その日その日でかわるというつまみは
どれも興味津々!

珍しい「嶺岡豆腐」や「お刺身」「煮物」などで
ゆっくりと各地のおいしいお酒をいただき、
2時間ぐらいいただろうか・・・?

新たに発見してしまった名店に満足しつつ、
ふたたび「居酒屋 長兵衛」に向かってみることに・・・
(「旅人」こと私はしぶとい!)

d0041671_21395765.jpg

(※こちらの写真も10月のものです。)

今度こそとふたたび「居酒屋 長兵衛」ののれんをくぐると、
かろうじて小上がりの1席が空いていた。

「やれやれ・・・」

座敷に腰を下ろしメニューを見ると、
開店早々からの混雑で、ほとんどのものが
終わってしまっているようだ。
(「わかめのしゃぶしゃぶ」は食べてみたかった!)

しょうがなく、残っているもの数品とお酒をいただき、
居心地のいいそのお店でゆったりとした時間を過ごすことができた。

さぁ、あすは今回もメインでもある「写仏」に挑戦!
楽しみ楽しみ・・・

◎「居酒屋 長兵衛」0467-23-1078 鎌倉市小町2-10-11

◎「酒菜 企久太(きくた)」0467-24-5432 鎌倉市小町2-9-14-2階

※「旅のお役立ちリンク集」に「鎌倉市観光協会」を追加いたしました。
 (画面右側の「Topics」から入れます。)
----------------------------------------------------
●よろしければ、最初(1話)からご覧になってみてください。
 この紀行文のみご覧いただけます。

●他にも各地を旅した心温まる「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-01-27 21:43 | ☆「新春の鎌倉」