カテゴリ:★「island style」( 2 )

2005年 07月 21日
「island style(グアム)」(2)
d0041671_20443122.jpg


南の島で、こういう景色に出くわすと・・・、

思わず童心に戻り、ビーチ目指して一直線に走り出し、
そのまま頭から海に「ダイブ!」。

それから少しの間は、何も考えずに
水の中の静かな世界をさまよっていたい。

そして、しばらくして海からあがってみると・・・、
それまで、熱風に感じていた「風」がとても心地よく、

汗や、体のほてりといっしょに
体にのしかかっていた何か重いものもとれたようだ。
------------------------------------------

「南の島」のこういう開放感のある景色は
いつ見ても本当に最高です。


こちらは、余談になりますが、

今から、約20年ほど前。
静岡のあまり人気(ひとけ)のない海岸で、
上のコラムと全く同じようなことをしました。
(当時は、まだ若かったんですね〜っ?!)

海からあがり、少したって気づいたら、
ポケットの中にあったはずの車の「キー」が・・・

そのあとがたいへんでした。
その海岸にたった一件しかない海の家の方に協力していただき、

「鍵屋」さんを捜してもらったのですが、
その時は、確か「お盆」。

来てくれるところがなかなか見つからず、

やっとのことで、鍵を開けてもらったら
すでに、夕方近くになっていました。(笑)

p.s.そんな時でも、旅の同行者「sora」は、
文句ひとつ言わなかったと思う。ありがとう。
[PR]

by mstgn | 2005-07-21 20:51 | ★「island style」
2005年 07月 13日
「island style(ハワイ)」(1)
d0041671_2228475.jpg


「Aloha Time」a.m.6:00。

少し開いた窓からは、朝のやわらかな風が流れ込み、
レースのカーテンをゆらゆらとゆらしている。

さっそく、壁に立てかけてあるボードを手にとり、
まだ寝ているものを起こさぬよう、そっと部屋をあとにする。

ホテルを出て、毎朝決まって向かうのは近所の「ABCストア」だ。
自分でポットからコーヒーを注ぎレジで数十セントを支払う。
ここで、はじめて朝のあいさつが交わされる。

「Good morning・・・!」

そこから、向かう海までの道のりは
朝のちょっと贅沢な「コーヒーTime」。

「常夏の楽園」とはいえども、朝早いここ「ハワイ」の空気は
ひんやりとしてとても心地よい。

時々、「Aloha航空」の小さなジェット機が轟音とともに
海の向こうの空に吸いこまれていく。
どこの島に向かうのだろう・・・?

海に面した通りまで来ると、「コーヒーTime」はそろそろ終わり。

今日もいい波がきているようだ。

すると・・・、
海の中からが大きく手を振る姿が見えた。
「ハリー」だ!

今日も「ハワイ」の1日が始まる・・・

※写真はノースショア「ハレイワ」の町。
------------------------------
いやぁいやぁ、失礼いたしました。

たまには、ちょっぴり気取って書かせていただきましたが、
この話、まんざらフィクションではありません。

いまから、ちょうど3〜4年前に「ハワイ」の安ホテルを借り、
約1ヶ月ほどハワイに滞在していたことがあります。

もちろん、旅の同行者「sora」とともに。

その時に、あまりに時間があるので、
「せっかくだから、何かしてみたい・・・」
と始めてみたのが「ボディボード」!

現地のサーフショップに行き、
ボードとフィンの最低限のものをそろえ、

さっそく海へと向かうと、年齢は様々なローカルの人たちが、
見ず知らずの自分に手取り足取りボディボードを教えてくれて、
本当にうれしかった。

文中の「ハリー」もその時の実名で、
彼は、たぶん40代後半から50代の方だと思うのだが、
ほぼ毎日、海に通ってきては、必ず私に話しかけてくれた。

その後、「ボディボード」に夢中になり、
毎日、朝6時に起きては海へと通う日々が続いた。

今、こうして思い出すと本当に夢のような1ヶ月でした・・・
また、いつか長期で訪れたいたいなぁ〜!
[PR]

by mstgn | 2005-07-13 22:30 | ★「island style」