2006年 06月 28日
「初夏の木曽路」(5)
<「妻籠宿(つまご)」編(1)>

少々、間があいてしまいましたが、
今日からは、ふたたび「木曽」の続きをお伝えいたします・・・



「旅人」こと私と、旅の同行者「sora」を乗せた路線バスは、
やがて、「峠の宿場町」を左手に見ながら、
ゆっくりと、曲がりくねった木曽の山道を進み、

時折、横から「旧中山道」が現れたかと思うと、
また、山の中へと消えてゆく・・・

そんな車窓からの景色を「ぼ〜っ」と眺めていると、
バスは、「大妻籠」へさしかかり、

目指す「妻籠宿」まではあと少し・・・

d0041671_2114878.jpg


いつもなら、バスを「妻籠」まで乗るところ、
この日は手前の「尾又橋」で下車。

ちょうどここは、「妻籠宿」の西よりのはずれにあたるので、
散歩をはじめるには、たいへん都合がよい。

d0041671_212629.jpg


ここ「妻籠宿」は、「木曽路」の中でも
1、2をあらそう人気の宿場町だけあって、

時間は、そろそろ夕方だというのに、
たくさんの観光客で賑わいを見せているよう・・・

d0041671_2122754.jpg


※「秋の木曽路」はこちらからどうぞ・・・
**********************************************

特集!『旅人おすすめ「18きっぷ」モデルプラン』

<「京の都」発1泊2日「木曽の旅」>


(旅費)

4,600円(「18きっぷ」×2日分)+7,500円(1泊2食付宿泊代)

合計→12,100円(路線バスなどの料金は含みません。)

※宿泊代金は、宿によって異なります。
-----------------------------------------------------

(1日目)

7:46京都発-----8:38米原着(新快速/土・日のみ運転)

8:45米原発-----9:54名古屋着(快速/土・日のみ運転)

10:03名古屋発-----11:14中津川着(快速)

※11:50発の「馬籠行」のバス(濃飛バス)で「馬籠宿」へ(約30分)。
 健脚な方は、「旧中山道の石畳道」を歩いて馬籠宿まで・・・

※「馬籠宿」で宿をとるか、バス(時刻注意!)又は「旧中山道」を歩いて
 「妻籠宿」へ向かうかはお好みで・・・
 (途中には、「峠の宿場町」「大妻籠」や滝なども・・・)

■濃飛バス(中津川〜馬籠)こちら

■おんたけ交通(馬籠〜妻籠/妻籠〜南木曽駅)こちら

■馬籠宿観光協会こちら

■妻籠宿観光協会こちら
-------------------------------------------------

(2日目)

※「妻籠宿」から「南木曽駅」まではバスも出ておりますが、
 本数も少なく、歩いても30〜40分ほどですので、
 ここは歩いてみてはいかがですか?

15:06南木曽発-----16:58名古屋着(快速/土・日のみ運転)

17:30名古屋発-----18:40米原着(新快速)

18:51米原発-----19:42京都着(新快速)

「お疲れさまでしたっ!」


※「時刻表7月号」調べのものです。
 土・日のみの運転の列車がありますので、どうかご注意をっ!!

※「木曽路」の詳しい内容は、
 只今連載中の「初夏の木曽路」、「木曽の宿場町(右カテゴリー)」
 からどうぞ・・・

※ご質問等がございましたらお気軽にどうぞ・・・
-----------------------------------------------------------

☆「馬籠宿観光協会」のHPはこちら

☆「JRバス関東」のHPはこちら

☆「ハイウエイバス.com」のHPはこちら

-----------------------------------------------------------

●他にも各地を旅した「紀行文」がございますので、
 よろしければ、ご覧になってみてください。
 (右の「カテゴリー」からどうぞ・・・)
[PR]

by mstgn | 2006-06-28 21:07 | ☆「初夏の木曽路」


<< 「初夏の木曽路」(6)      「世界遺産五箇山と北陸の町」(... >>